健康とお金と私

入院費が払えない!どこからお金をかりるべきなのか?

健康とお金と私

タイトルを見て、なんのことかお分かりになった方は、昭和生まれとお見受けします。
ということはさておき、筆者「お金なんていらないわ、愛があれば」と言えるほど純粋ではなく、やっぱり生きていく上ではお金は必要です。
コレは、文句なしに必要です。
そして健康も、文句なしの必需品です。
今の生活に、冷蔵庫やテレビが必需品だ、というのと、お金と健康が必需品だ、というのとでは、はっきりとレベルが違います。

 

健康になるために入院してみたのに、退院したら入院費用が生活と精神を圧迫していては元も子もありません。
そんな生活は嫌です。
小心者の筆者は多分涙が出てしまいます。
ですが、これまでお話したように、さまざまなシステムや制度を使う事によって、負担を軽減できる構図が、今の日本にはあるんだ、ということが分かれば、なんだか少しでも、この気持ちの負担がなくなっていきませんか?
それでももちろん、病院で入院費用の減額をしてもらえた、とかいうことにはならないのですが、是非、さまざまな方法を自分のライフスタイルに合わせて組み合わせ、心スッキリと、健康を手にしたいものですね。
詰まるところ、この健康こそが、やっぱり私たちの生活必需品なのですから。

ホーム RSS購読 サイトマップ