入院費を巡る社会的な問題

入院費が払えない!どこからお金をかりるべきなのか?

入院費を巡る社会的な問題

入院費用と病院を巡る問題で最近目立つのが、未払いや踏み倒しといった問題です。
救急車で運ばれて治療を受けたのに、退院する段階になってお金がないという人や、中には診察状況や、治療方法にクレームを付けて、支払いを意図的に拒むという悪質な人もいるそうです。
純粋に支払いたくても支払うことができないと悩んでいる人もいる中で、このように意図的に、悪質な行動を取る人がいることには憤りを感じます。

 

現在の医療費制度の負担額を多い、とか、理不尽だと思っている人がそのような行動をしているのかもしれませんが、現行、「こんなに払っている」と思っていても、治療費の未払いや踏み倒しが続けば、更に個人の負担額を上げざるを得ない状況になります。
一生懸命治療にあたってくれたお医者さんや看護師さん、病院で働く人たちのため、ひいては、国の保険制度をもっと安定化させるためにも、未払いや踏み倒しはせずに、一人ひとりがしっかりと責任を果たしていきたいものです。

 

自分勝手な行動は、結局のところは、自分の首を絞める結果にもなりかねません。
さまざまな制度や方法を使えば、誰にでも、無理のない支払いは可能ですので、是非、自覚を持っていきたいものですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ